大阪市中央区谷町4丁目にある歯医者。歯周外科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・歯牙移植(親知らず移植)などの診療を行っております。院長 鳥潟隆睦

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

全ての治療例
治療例 一般歯科治療
治療例 審美治療
治療例 歯周外科・再生療法
治療例 インプラント治療
治療例 口腔外科
治療例 ホワイトニング
治療例 総合治療

予約優先・各種保険取扱

1歯欠損症例

 
右下6の欠損部にインプラント(人工歯根) を埋入を計画
 
1次オペ時にインプラント埋入と同時に GBR(骨造成)も行い。
約半年後 2次オペ時のアバットメント装着時に頬側には可動粘膜しかなかった為、角化歯肉の獲得を目的としたAPF(歯肉弁根尖側移動術)も同時に行った。
歯やインプラントの周囲に角化歯肉がなく、可動粘膜というやわらかい歯肉が歯の周りを囲んでいると、歯磨きがしづらかったり、歯ブラシなどの 機械的刺激に耐えられなかったり、頬を動かすたびに歯の周りの歯肉も動き、ポケットに汚れが入りやすくなったりします。ばい菌の感染に対しても角化歯肉が ない場合は弱いと言われています。

実際にはインプラントを入れる部分の周囲には角化歯肉が足りない状態になっているケースが圧倒的に多いです。


2次オペ ヒーリングアバットメント装着時のレントゲン写真
プラットフオームスイッチングしたTHA(テンポラリーヒーリングアバットメント)を装着後 
APF(歯肉弁根尖側移動術を行った。
プラットフオームスイッチングとは、
インプラント本体(フィクスチャー)よりも直径の細いアバットメントを装着することで骨が
吸収しにくくなる構造。

最終補綴装着後のレントゲン写真

最終補綴 セラミックス(MB)を装着

前のページに戻る

最新のFlash Playerをインストールしてください。