大阪市中央区谷町4丁目にある歯医者。歯周外科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・歯牙移植(親知らず移植)などの診療を行っております。院長 鳥潟隆睦

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

全ての治療例
治療例 一般歯科治療
治療例 審美治療
治療例 歯周外科・再生療法
治療例 インプラント治療
治療例 口腔外科
治療例 ホワイトニング
治療例 総合治療

予約優先・各種保険取扱

オールセラミックス1

初診時の口腔内写真 40代男性 主訴:右上臼歯部のかぶせがとれた。検診、歯石除去希望。

検診時に左上中切歯の「メタルボンドクラウン」の不適合と、根管治療の不良を説明。
根尖部にはサイナストラクトも見られた。
根管治療は良好でサイナストラクトの消失を確認、再度「メタルボンドスクラウン」を希望されましたが内冠が金属を使用するため、隣の天然歯のような透明感が再現されないので治療痕跡がどうしても残ってしまう。
そこで、「ファイバーポストコア」と、「オールセラミックスクラウン」を提案。
セラミックス装着調 和がとれ綺麗に整いました 「オールセラミックスクラウン」装着後の写真。

技工は「山本セラミスト」に依頼。
隣在歯に見られるクラックに浸み込んだ着色をあえて、セラミックスに加えたり、右上中切歯を参考にシンメトリーに形態を整えることで人工的なかぶせにないより個性のある自然観が出ています。
口腔内に光を当て、透明感を確認 「オールセラミックス」装着後口腔内からの光の透過像。

治療において金属を使用しないことで、天然歯と同じ光の透過が再現出来ています。


初診時のレントゲン写真

痛みなどの自覚症状はなかったが、根尖部に瘻孔(炎症などによって生じた管状の穴)が認められ、
排膿もあった。
レントゲンで確認するも、適切な根管治療がなされておらず、根尖部に病巣が認められた為、
メタルボンドとコア(土台)を除去し、根管治療を行った。

オールセラミックス装着時のレントゲン写真

根管内を拡大・形成・洗浄・調薬を数回行い、
ガッタパーチャにて根管充填
ファイバーポストを建て、形成・印象後、
キャドキャム(CAD/CAM)で作成したアルミナコーピングの上に
セラミックを焼き付け、「オールセラミック・クラウン」を仕上げ
口腔内に試適確認後、装着。適合や色合いも良好。
またレントゲン写真から、根尖部の病巣の治癒傾向が認められる。

難しい色合いでしたが、技工士さんに綺麗に仕上げていただきました。

前のページに戻る

最新のFlash Playerをインストールしてください。