大阪市中央区谷町4丁目にある歯医者。歯周外科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科・歯牙移植(親知らず移植)などの診療を行っております。院長 鳥潟隆睦

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

全ての治療例
治療例 一般歯科治療
治療例 審美治療
治療例 歯周外科・再生療法
治療例 インプラント治療
治療例 口腔外科
治療例 ホワイトニング
治療例 総合治療

予約優先・各種保険取扱

セラミックスインレー&ゴールドインレー

治療前の口腔内写真
20代女性 主訴:右下奥歯肉の腫れと、銀色の詰め物を白くしたい。

右下奥の腫れは「知歯周囲炎」。一番奥の第三大臼歯(親知らず)の周りに蓄積したプラークにより歯肉が炎症していました。この歯は以前にレジン充填(樹脂を可視光線により硬化させる治療:保険治療)をされていました。上の写真左右の奥歯を見るとかみ合わせの中央が黄色くなっているのが確認できます。治療直後は歯と同じくらいの白い樹脂が詰まっていたのが、年月により変色し、表面が奥歯のかみ合わせの強い力によりすり減りかみ合わせの高さにも影響してきています。
また、第一大臼歯の銀色の詰め物も奥歯で見えにくいところですが女性にとって健康な白い歯が鏡に映る喜びは格別なものです。
「詰め物を白くしたい」との希望と、過去に行ったレジン充填の苦い経験により今回は「セラミックスインレー:陶材で作る詰め物」をご選択されました。
下の写真が、セラミックスインレー装着後です。歯と同じ白い詰め物が入っています。
この「セラミック:陶材」は物質の劣化がなく、変色することもありません。
擦り減ることもありませんが、強い衝撃により割れてしまう事があります。
これは、左右・前・奥、全体の歯のかみ合わせのバランスを調整することにより防げます。
詰め物の種類や、メリット・デメリットなどをご説明し、今回は、上顎の臼歯部は金属の中でもやわらかく歯に一番適合よく作成出来るゴールド(白金加金)
をご選択。アレルギーも起こしにくく、セラミック共々プラークの付着を防ぐという点でも優れた素材です。
目につくとこは審美的治療、その他の部位は生体や健康観を優先した総合治療です。

また、デュアルホワイトニングと、ホームケアでは音波ブラシと歯磨材はナノ・ハイドロキシアパタイトを使用され治療以外でも歯の健康と美しさを保たれいます。                                                                     技工物 山本セラミスト
治療終了時の口腔内写真


前のページに戻る

最新のFlash Playerをインストールしてください。