大阪市中央区谷町にある歯医者です。一般歯科、歯周病治療、インプラント、ホワイトニング、口腔外科などの診療を行っております。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

治療の流れ
う蝕治療
歯周病治療
口腔外科治療
再生治療
根管治療
矯正治療
インプラント
審美/ホワイトニング

予約優先・各種保険取扱

携帯に地図情報を表示できます。
QRコードを読み取ってリンクをクリック。
地図ページが表示されます。
当院ではクレジットカードをお取り扱いしています。
待合室でインターネットをご利用の際は、スタッフにお問い合わせ下さい。
心臓突然死の主な原因に、心筋の動きがバラバラになり、心臓のポンプ機能が失われる心室細動があります。
心室細動発生から1分ごとに救命率が7〜10%下がるといわれ、 いかに早く救命処置をするかが生死を分けることになります。
強い電気ショックを与えて心筋のけいれんを除去する電気的除細動は、最も効果的な方法だといわれています。この電気的除細動を自動的に行うのがAEDです。

私たちが歯を失う原因でもっとも多いのが「歯周病」です。
歯肉が炎症を起こして腫れると歯と歯肉のあいだに歯周ポケットと呼ばれる隙間ができ嫌気性の歯周病菌が増加します。 歯の土台となっている顎の骨が自己防御反応により退縮してしまい、進行によっては歯が抜け落ちてしまう事もあります。
歯周病の原因はプラーク(歯垢)コントロールの不良や咬合(咬みあわせ)のバランス・生活習慣・ストレスなどさまざまで、その治療法も幾つかに分かれます。
患者様の年齢や状況を考慮し、最適な治療法を選択する必要があります。


歯肉炎とはプラーク(歯垢)中の細菌の刺激により歯肉は炎症を起こしているが、骨には異常がない状態です。
歯肉は赤く腫れ、歯ブラシなどで触ると簡単に出血します。
このような歯のまわりには、多くの場合プラークが付着しています。


歯周ポケットが深くなり、さらにプラークが溜まります。
歯ぐきの腫れが大きくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入して歯槽骨が破壊され始めます。


歯ぐきの炎症がさらに拡大し、歯槽骨が歯の根の長さの半分近くまで破壊されます。
歯がグラつき始め、歯周ポケットがさらに深くなります。


歯槽骨が半分以上破壊され、歯がグラグラします。
破壊された歯槽骨は自然に治ることはなく、抜歯、もしくは再生治療などが必要になります。


口腔衛生習慣の改善により日本人のむし歯は減少してきました。しかし、歯周病はあまり減少することなく、現在でも成人の約80%が歯周病にかかっており、30才以上の方の歯の喪失原因の第1位になっています。
この原因として、日本人に歯の定期検診を受ける習慣があまりないこと、また、歯周病を確実に治療できる歯科医が残念ながら非常に少ないことなどが考えられます。
歯周病は、最終的には歯と歯の周りの骨が大きく喪失し、顔の表情にも大きな変化をもたらします。また最近の研究で、歯周病は 心臓血管疾患、呼吸器疾患、糖尿病、低体重児出産、早産、 の重大なリスクファクターであることがわかってきました。
一生自分の歯で噛むためには、むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が大切です。



Sc(スケーリング)とはスケーラーと呼ばれる金具を使って、歯肉縁上および歯肉縁下の歯面からプラ ーク(歯垢)、付着物、および歯石を除去します。 しかし、歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなるため、スケーリングだけでは奥深くの歯石を取ることができません。
この場合、奥深くの歯石や感染した歯質をきれいに取るSRP(ルートプレーニング)を行います。

TBIとは、歯科衛生士による歯みがき指導です。正しい方法による歯みがきは、磨き残しによる虫歯を防ぐだけでなく、歯周病の予防にも絶大な効果を発揮します。



歯周病が進行するとスケーリング、ルートプレーニングだけではどうにもならないケースが多くあります。 このような場合に歯肉を剥がして歯石などと一緒に炎症を起こしている患部の歯肉を切除しその後縫合するフラップ手術(flap operation)を行います。


準備中です


歯周病などで、深い歯周ポケットがあった場合に、健康で生物学的幅径を保っている良好な状態を形成したり、歯肉を維持または増加させたり、歯周ポケットの除去を目的とした治療方法です。
術後は歯根が露出するため、知覚過敏や二次う触(むし歯)が起こりやすいため、十分なプラークコントロールが必要とされます。


歯科の分野での究極の再生治療法とは、歯牙再生でしょうが、残念ながらまだ研究中であり、 歯牙を再生するところまではできません。現在行なわれるのは、組織再生療法と骨再生療法です。
※再生療法も安全性は高く、効果は高いのですが、再生できる骨量には限界があるため、高度に進行した歯周病は適応にならないのが現状です。
再生療法のご案内


最新のFlash Playerをインストールしてください。