大阪市中央区谷町にある歯医者です。一般歯科、歯周病治療、インプラント、ホワイトニング、口腔外科などの診療を行っております。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

治療の流れ
う蝕治療
歯周病治療
口腔外科治療
再生治療
根管治療
矯正治療
インプラント
審美/ホワイトニング

予約優先・各種保険取扱

携帯に地図情報を表示できます。
QRコードを読み取ってリンクをクリック。
地図ページが表示されます。
当院ではクレジットカードをお取り扱いしています。
待合室でインターネットをご利用の際は、スタッフにお問い合わせ下さい。
心臓突然死の主な原因に、心筋の動きがバラバラになり、心臓のポンプ機能が失われる心室細動があります。
心室細動発生から1分ごとに救命率が7〜10%下がるといわれ、 いかに早く救命処置をするかが生死を分けることになります。
強い電気ショックを与えて心筋のけいれんを除去する電気的除細動は、最も効果的な方法だといわれています。この電気的除細動を自動的に行うのがAEDです。

歯科の分野での究極の再生治療法とは、歯牙再生でしょうが、残念ながらまだ研究中であり、 歯牙を再生するところまではできません。現在行なわれるのは、組織再生療法と骨再生療法です。
※再生療法も安全性は高く、効果は高いのですが、再生できる骨量には限界があるため、高度に進行した歯周病は適応にならないのが現状です。

顎の骨の欠損は、虫歯が歯の根まで進んだ場合、歯根破折、歯周病などが原因でおこります。 現在では上記のように分類されています。骨の周りの前歯側の壁・奥歯側の壁・頬側の壁・舌側の壁の4つの壁のうち、いくつ残っているかで分類されています。

GTR(組織再生誘導法)とはGuided Tissue Regenerationの略で、歯周組織再生療法の1つです。
従来の歯周病治療では、歯が抜けてしまう前に、これ以上病気が進行しないように止める事だけで、本来の状態に戻すことはほとんど不可能でしたが、歯周病により破壊された歯の支持組織を再生させ、 歯をできるだけ元の健全な状態に戻す治療法です。
歯周病で溶かされた歯槽骨は、一般的な歯周病の治療を行っても元には戻りません。
歯周病の治療をした後に何もせずそのままにすると、歯槽骨が再生する前に約1週間程度で歯肉がそこに入り込み歯周組織(歯槽骨、歯根膜)ができるスペース埋めてしまいます。
そこで、歯周ポケット内部を清掃(スケーリング、ルートプレーニング)した後にGTR膜(メンブレン)と呼ばれる膜を設置すると、歯肉が入り込まないよう防御することが出来ます。 そうするとメンブレンの下には歯周組織(歯槽骨、歯根膜)が1ヶ月に約1mmづつの速さで再生していきます。


エムドゲイン法の目的は、GTR法と同じく、歯周組織を再生させることです。
GTR法では、歯肉が入り込むのを膜を用いて阻止しますが、エムドゲイン法では、歯周ポケット内部を清掃した後にエムドゲインゲルという薬剤を欠損部に入れ、歯肉の侵入を防ぐと同時に歯周組織の再生を促します。
エムドゲイン法は、GTR法と比べ比較的簡単に手術が終わります、使用した薬剤が再生を促しながら吸収されていくので、薬剤を取り除くための手術を必要としません。
しかし、使用する薬剤がゲル状であることから再生させたい部分の骨量のコントロールが難しく、適応となる症例はGTR法と比べやや狭いのが現状です。


GBR法は、吸収したり破壊されたりしている歯槽骨を再生させる方法です。
患者さんの歯槽骨が薄くて、インプラントを埋め込むだけの骨が足りない場合も、GBR法を行えばインプラントができるようになります。
歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨や骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を置きます。
歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。
メンブレンには、吸収性のものと非吸収性のものがあり、骨欠損の小さい場合(作る骨の量が少ない場合)は、吸収性のものを使い、骨欠損の大きい場合(作るの骨の量が多い場合)は、非吸収性のものを使うことになります。
個人差がありますが、4〜6ヶ月で歯槽骨が再生されインプラントの安定性が確保されます。


歯肉が足りない部分に、他の部位から切り取ってきた歯肉結合組織を移植する手術です。
CTG( 結合組織移植術 )により、歯根面を覆う周囲の歯肉の厚みを増加させることができ、審美的に優れた被せ物を入れることが出来ます。
歯磨きもしやすくなり、インプラントが長持ちします。
歯茎は大きく分けて4種類に分類されます。
それぞれの図の左端に見える部分は歯の根、その右横の黄色の部分が歯の根を支えている歯槽骨、その上に覆いかぶさっているように見えるのが歯茎、歯茎の表面で少し内面にしわがよっているような部分は、付着歯肉と呼ばれる部分です。
メイナードの分類と呼ばれる歯茎の分類では歯茎と歯槽骨がそれぞれ分厚いか、薄いかで4パターンに分類されます。


最新のFlash Playerをインストールしてください。