大阪市中央区谷町にある歯医者です。一般歯科、歯周病治療、インプラント、ホワイトニング、口腔外科などの診療を行っております。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

治療の流れ
う蝕治療
歯周病治療
口腔外科治療
再生治療
根管治療
矯正治療
インプラント
審美/ホワイトニング

予約優先・各種保険取扱

携帯に地図情報を表示できます。
QRコードを読み取ってリンクをクリック。
地図ページが表示されます。
当院ではクレジットカードをお取り扱いしています。
待合室でインターネットをご利用の際は、スタッフにお問い合わせ下さい。
心臓突然死の主な原因に、心筋の動きがバラバラになり、心臓のポンプ機能が失われる心室細動があります。
心室細動発生から1分ごとに救命率が7〜10%下がるといわれ、 いかに早く救命処置をするかが生死を分けることになります。
強い電気ショックを与えて心筋のけいれんを除去する電気的除細動は、最も効果的な方法だといわれています。この電気的除細動を自動的に行うのがAEDです。

根管治療とは、細菌に感染したり損傷を受けた歯髄を取り除くことによって歯根周辺の病気を治療・予防するものです。
深い虫歯や歯の亀裂、歯への外傷によって歯髄が細菌に感染したり、損傷したり、歯髄壊死になることもあります。そのまま放っておくと、歯根周辺の組織にも感染が広がり、痛みや腫れが生じます。
虫歯でしみたり、痛くなってしょうがない時、歯の神経を取ってしまえば今までの痛みがウソのように消えて楽になります。でも、痛みがなくなったからといって、虫歯が治ったわけではありません。
むしろ、その後が肝心で、神経を取った歯が一生使えるかどうかはこの根管治療にかかっているのです。
治療しないと抜歯が必要になるケースもあるため、早期に歯科医に診てもらうことが重要です。

  1. 虫歯になった部分と、歯の上の部分に穴を開けます。

  2. 歯根の長さを正確に知る必要があります。短かったり長すぎたりすると、治療の成功率が低くなるといわれています。
    根尖孔(先端から約1mmのところ)までの長さを電気測定器とX線写真などを使って測ります。

  3. ファイルと言う器具を用いて、死んでしまった歯髄や汚染された象牙質を取り除き、根管の中をきれいに削って形を整え、薬剤で消毒します。
    この時、歯の自己防御反応のため根管の中には、細菌の代謝産物などが硬く沈着して根管をふさいでいることが多く、時間をかけて丁寧に開け根管内を可能な限り無菌的にすることが大切です。

  4. 根管を薬剤で封鎖する根管充填をしていきます。
    この時、根の先端まで緊密に薬剤を送り込みガッタバーチャを密に詰める事が大切です。
    隙間が存在すると、その隙間に細菌や白血球の代謝産物がたまり、根の周囲に病巣が出来て周囲の骨が溶けてしまいます。
    可能な限り無菌的にし、ガッタバーチャを密に詰める事で根尖病変(歯根部の吸収された骨)も治り、骨も再生します。


歯は、神経を抜いてしまうと弱く脆くなってしまいます。
いままでの治療では、Case1段階に来ると、神経をとる治療をするのが普通でした。
非常に適応する幅の狭いように見える治療ですが、神経を残せるか残せないかで今後の歯の寿命は大きく違ってきます。長くご自身の歯で食事を楽しみたい方にはお薦めの治療です。

今までは、Case2の穴埋めするのに適した材料はありませんでした。理由は骨に抜けている歯の穴は出血していたりして、濡れていたり、湿っていたりして通常のセメントではしっかり接着しなかったからです。
厳密に言うと、スーパーボンドと言う接着剤も濡れている環境でも接着はしたのですが、詰めにくいと言う欠点がありました。ところが、このMTAセメントは詰め込む事が簡単にできるのです。
従来では抜歯せざるを得なかった症状もMTAを用いる事で歯を残せる可能性が高まりました。

PRO ROOT MTA
アメリカで開発され諸外国では1998年以降様々な臨床応用が認められていましたが、日本では2007年4月にようやく認可れれました。
水酸化カルシウムに代わる直接覆髄に適したユニークなセメントです。
封鎖性が優れており、漏洩による炎症を引き起こすことなく外来刺激を遮断します。これにより、従来の治療では歯の神経を取っていたケースも、高い確率で歯の神経を残す事が可能です。
この治療法は保険外治療となります。詳しくはお問い合わせ下さい。


最新のFlash Playerをインストールしてください。